気になるニキビ跡を治す方法

赤みやシミが跡になっている場合の対処方法

ニキビ跡は、その症状によっていくつか種類を分けることができます。一つはニキビができた後、その部分の周辺に赤みが残るケースです。ニキビの発生とともに炎症が起こった時にできる赤みで、ニキビ跡の症状としては一番軽度と言えます。この場合は、放置しておいても肌のターンオーバーが進むとともに治ることが多いようですが、できればケアをしたほうが良いでしょう。
おすすめの方法は、洗顔後にビタミンCを含んだ化粧水やクリームを使って肌を保湿することです。ビタミンCには赤みの原因となっている炎症を抑制する効果が期待でき、赤みを少しずつ改善していくことができます。また、色素沈着やシミに近い状態になってしまっている場合は、ピーリングをしてみると良いかもしれません。

ニキビ跡がクレーター状になってしまった場合

ニキビ跡の中でも最も症状が重いとされているのが、肌がクレーターのようなでこぼこの状態になってしまった場合です。ニキビの中でも赤ニキビと呼ばれる、肌の深部へ影響を与えやすいニキビが悪化することで出来てしまうことが多く、自分で治しずらいニキビ跡と言えます。皮膚がターンオーバーによって改善されず、非常に治りづらいため皮膚科での治療をおすすめします。
皮膚科の治療では、レーザーや注射といった方法を用いてなるべくニキビ跡を目立たなくすることが可能です。ピーリングは症状が軽い場合に行われ、症状が重いニキビ跡の場合は表皮移植といった施術も行われるようです。クレーター状のものは時間経過とともに治る見込みが少なく、自宅でのケアも難しいため、病院へ行くという選択肢も考えて見ると良いでしょう。

医療脱毛では、設備の整った医療施設において施術を行うため、高品質な施術が期待できます。また、医師が在籍しているので、万が一のトラブル時にも迅速な対応が受けられます。