ニキビを防ぐ生活習慣を身につけよう!

睡眠時間の確保でニキビのない美しい肌へ

ニキビができやすいことに悩んでいる人は、まず生活習慣を見直してみましょう。生活リズムや食生活を改善することで、ニキビ対策ができるのです。
肌荒れを防いで美肌を作るには睡眠時間を確保することが大切とよく言われますよね。ニキビを予防する上でも、良質な睡眠は不可欠です。十分な睡眠時間を取ることで肌の状態が安定してくると、ニキビや吹き出物が出にくくなります。寝る直前までスマートフォンやパソコンを見ていたりするうちに、つい夜更かししてしまいがちな人は、お肌と健康のことを考えて、少しでも早く入眠するようにしましょう。ハーブティーを飲んだり、アロマランプを使ったり、と心地良い眠りに誘ってくれるアイテムもぜひ活用して下さいね。

食生活にもひと工夫してニキビを防ごう

日々口にする食べ物は、肌への影響も大きく、選び方には十分気をつけたいものです。
ニキビや吹き出物の原因のひとつと言われているのが、糖質や脂質を多く含む食べ物です。外食は、家庭よりも多めの油を使って調理されている傾向があり、揚げ物に限らず、脂質が高いメニューが数多くみられます。
ニキビ跡を改善したり、ニキビ予防になる食材を取り入れて、自炊する習慣をつけるといいですよ。脂質の代謝を促す効果のあるビタミンBを含む卵や大豆、コラーゲンを生成する上で欠かせないビタミンCを豊富に含む柑橘類やパセリなどを、食卓に載せる機会を増やしましょう。主食では、白米よりも、新陳代謝を促進する働きを持つ亜鉛を豊富に含む玄米を選ぶといいですよ。